読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チキン情事(再掲)

一回の浮気で性に目覚めたデブスババア45歳のアラフォー最後1年間の浮気三昧変遷記。

美人妻・できる妻

カテゴリー外の話題だが、出かけるまで暇なんでもう1記事書こうと思う。

 

私の持論だが、美人妻・できる妻は実は結婚に失敗するタイプだということだ。

 

美人妻は三日で飽きれられるという。まさに真なり。

美人を射止めた男は自分に少なからず自信がある。釣った魚に餌はやらないではないが、一度美人妻を手に入れてしまえばそれで満足して、影で浮気に走る男は少なくない。美人妻を手に入れられるくらいだから、たいていの場合、男もそれなりの容姿をしている場合が多い。だからモテるし浮気もするのだ。

美人妻はプライドが高いから、浮気をされると離婚する場合が多い。

でも安心めされ。美人ゆえ、またすぐに男は寄ってくる。再婚も早い。でも大抵同じことを繰り返される。男運のない女こそ美人妻なのだ。

 

一方できる妻は、完璧主義者なので、家事をしっかりとこなす。男は上げ膳据え膳だ。

そのうち家庭のことはすべて妻まかせ。できる妻が当たり前と思って踏ん反り返った生活をする。そして、刺激のない家庭生活から、これまた浮気に走るのだ。

できる妻は、モラハラされている人が多い。浮気にモラハラ

耐えきれず、離婚に至るケースが多い。

 

一方ブスな妻は?できない妻はどうだろうか?

これが不思議なことに結婚生活が続くのだ。浮気もしてもされない場合が多い。

そもそもブスを選んだ段階でその旦那は優しい人が多いのだ。

できない妻はそこが可愛らしいと思われるし、たまに家事をしっかりやれようものなら、旦那から、大いなる祝辞をいただける。なんて楽なんでしょうか。

ブスもできない妻も、男にとって楽なのだ。気取る必要もないし、ブスはブスを自覚してるので、変なプライドもないし、選んでくれた旦那に感謝して振舞う。

ブスは意外や意外、とても大事にされるケースが多いのだ。ブスは決して贅沢を言わないから、男にとっても楽なのだ。

 

よく不倫相手が、奥さんを覗きにきて、「なんであの野暮ったい女が・・・」「子供ができたってなんでなの?」などとのたまってるが、その野暮ったい妻は、凝ったデートをセッティングしなくても、高いブランド物のプレゼントをしなくても、逃げないし、一緒にいて結局のところ楽だからだ。不倫相手には手間暇かかる。不倫相手はペットみたいなものなのだ。常に可愛がってあげなくちゃいけない。常に愛を囁いてあげなければいけない。だから、せいぜい週に何度かの限られた時間が耐えられる精一杯なのだ。

それに気がつかないで不倫から結婚に至ると、不倫相手は結婚生活というものの生臭さに夢破れることだろう。一度浮気した男はいずれ同じことを繰り返す。そしてそういう自分もいつしか野暮ったいと思われる妻になり、修羅場らんばを経験することになるやもしれぬ。覚悟しておくと良いだろう。

 

私?私はデブスぐーたら妻。だから、結婚続いてるっすよ。旦那モラハラだけどね。