チキン情事(再掲)

一回の浮気で性に目覚めたデブスババア45歳のアラフォー最後1年間の浮気三昧変遷記。

旦那とやる

私は怒っていた。だから今日はまた変態掲示板に募集をかけるか、でなければ秘密の花園に行ってやろうと企んでいた。

 

まず募集をかけた。3人集まったがどうも今ひとつの感触。それに、そのうちの2人は野外プレイを求めてきた。

 

私は青姦の経験もないし、またしたいとも思ってなかった。私にもまだ羞恥心が残っている。せいぜい公園かネカフェがチャレンジできるギリギリのラインだ。

 

一応一人に絞ったが、写メを送ったら、向こうの方から断られてしまった。藁

 

私は花園に行くことにして、準備のためシャワーを浴びた。

 

シャワーから上がるとまた旦那はオンラインゲームに没頭していた。

 

私は最後の晩餐じゃない、最後の審判を下すため、旦那に言った。

 

「これから花園行ってくるけどいいんだね?」

 

旦那は「じゃ、離婚だな」と答えた。

 

離婚。望むところだ。望むところだがいかんせん今の私は自立できていない。うちの実家は金持ちなので遺産が入ればそれで悠々と生きていける。それまでの辛抱だ。うう。。

 

「お前が悪いんだろ?昨日23時スタートって言っといたよな。それをなんで23時半に仲間との待ち合わせを入れちゃうわけ?信じられない。ちょっと!!そのゲームいい加減にやめてよ!!」

 

「だってまた約束しちゃったんだもん」

 

はぁ!?なんだその言い草は!!お前は乙女か!!確かにオンラインゲームでは見事なネカマっぷりを発揮してるな。

 

「お風呂はいってきたよ。やるの?やらないの?どっち?じゃなければ私は花園に行くよ」

 

「はいはい。やります。やります。それでいいんでしょ?」

 

「何時スタートだ?」

 

「15時」

 

「その言葉忘れんなよ。たるいセックスしたら、やっぱり花園行くからな!!」

 

15時、滞りなくセックスは行われた。不満もあるが一応それなりに時間をかけてセックスしたので今回は大目に見てやる。でも、セックスするとき私の顔を覆ったのは許せない!!なんかオカズ思い浮かべてやるとか他に方法があるだろ!?あと、出せてないのに出したふりしてちり紙竿だけにあてがったのも許せない。出したかどうかなんて、ちゃんとわかるんだからね!!騙せると思うなよ!!

 

まぁ、とりあえず今日は旦那と一応やったということでチャンチャン♪でごわす。