チキン情事(再掲)

一回の浮気で性に目覚めたデブスババア45歳のアラフォー最後1年間の浮気三昧変遷記。

夫婦水入らずで伊豆へ

前も書いたかもしれないが、私は3人の男の子の母親だ。

 
上から21  19   12
 
私の病気の事情により今は3人とも実家に離れて暮らしている。。・°°・(>_<)・°°・。
 
そのうち長男が発達障害のアスペのグレーゾーンで、次男がはっきり発達障害の認定を受けて療育手帳も持っている。
 
なんの障害かというと、LD(書字障害)だ。
自分の名前を書くのが精一杯でほかの字はほとんど書けない。読むことは遊戯王などの難しい漢字も読みこなしているので本当にどうしてこんなに練習してもしても書けるようにならないのか悩みどころではある。
 
その次男も今年の3月無事特別支援学校(一般でいうところの高校)を卒業し、卒業後はプラスチック加工とパンやうどんを作るある作業所でフルタイムで働いている。
 
初任給はななにゃんと!(´゚ω゚`ノ)ノたった7千円ぽっち。日給じゃなくて月給ですからね。。・°°・(>_<)・°°・。流石の次男もある程度覚悟はしていたもののショックは隠せないようだった。
 
そして月日は流れ、次男のお給料も一万円に上がった先日のことだった。次男から電話が来たのは。
 
次男が言うには今までお給料を貯めていたと。そしてこの度3万円貯まったと。そこで、親孝行としてお父さんとお母さんにこれで旅行をプレゼントをしたいと言う。
 
わたしゃ泣いたよ。・°°・(>_<)・°°・。
なんていい子に育ったのだろうか?
3万円貯めるには半年はかかったはずだ。自分で欲しいものもたくさんあるだろうに、それに使えばいいに、私ら夫婦にその貴重な3万円で旅行をプレゼントしてくれると言う。。・°°・(>_<)・°°・。
 
私は次男の申し出を受けて旦那と二人旅行に行くことにした。お金を足せば一泊して帰ってくることもできたけどそれはしたくなかった。
次男のくれた範囲内で旅行をしたかった。
だから旅行と言っても日帰り旅行。
 
適当なところで昔よく行った伊豆をチョイスした。
私たちは土曜日に行くことにした。
 
土曜日。晴天。旅行にはうってつけの天気。
 
CX-5に乗っていざ出発!!(*^^)v
 
途中で上島珈琲に立ち寄って朝食を軽く食べる。
 
そして、またまた伊豆へ向かって再出発。(*^^)v
 
圏央道が通ったことで道路は比較的スムースに進み私たちは3時間くらいで目的地である伊豆に到着した。
 
もうお昼過ぎだったので、まずは海女の小屋に行ってお好み丼、漁師サラダ、漁師味噌汁、もずくを食べた。
 
ボリュームが一品一品すごくてもう食べきれないくらいきつかったけどなんとか完食した。(p`・ω・´q)
 
美味しかったぁ♡♡
 
そして、海女の小屋の店前に顔がくりぬいてある海女の記念写真ボードが置いてあったので記念に旦那と2ショット写真が撮りたくて、近くでタバコを吸っていた女の人に頼もうとしたところ、旦那が「やめろよ!!恥ずかしい!!」とすごい不機嫌に…
 
旦那は極端な写真嫌いで私も旦那の写真は数枚しか持っていない。
 
でも、伊豆に来たことをちゃんと次男に証明したいし、やっぱり記念だし、粘りに粘ってなんとか自撮りで撮ることは渋々承知して二人のツーショット写真は無事撮ることが出来た。(顔がお互い半分しか写っていないしかもピンぼけ写真だけどね。ο(`^´*))
 
その後、私たちは海岸に降りていきしばらく海岸を鑑賞して過ごした。
 
家を出発したのが11時だったので、そんなに伊豆観光する余裕はなく、私たちは最後に温泉に浸かって帰ることにして、伊豆高原の湯に向かった。
 
伊豆高原の湯は泥風呂が有名で、お風呂の中(勿論お風呂のタイルの上)に泥パックが入った容器が用意されていて、それを顔じゅうに塗りたくって泥風呂専用のお湯に浸かり1分から5分おいて洗い流すと、あら不思議♡お肌がちゅるんちゅるん♡♡
 
泥パックした自分の顔を撮影してお風呂から出たあとにiPadで自分の写真を探してプリントアウトして持ち帰ることも出来る。←知らなかったんだ、このこと。やりたかったなぁ!!
 
まあ、ズボラで出不精の私ら夫婦には2箇所しか行かない旅行もまあまあいいでしょう。
 
楽しかったですしね♡♡
 
帰り道、私はすっかり仲直りできたと思い込んで無邪気に
 
「楽しかったぁ。仲直り旅行だね。これも記念日だね♡」
 
と言ったところ、
 
「はぁ!?何言ってんだ。仲直りなんてしてねーよ。お前はまだ執行猶予中の身なんだからな。なんか変なことしてみろ。即刑執行だからな」
 
しょぼぼぼぼーん_| ̄|○ il||li
 
まだまだ許してもらえて元鞘に本当の意味で収まるのは遠い未来のことのようだ。_| ̄|○ il||li